[中古ログハウス・新築の不動産物件]と[建築・キット販売]

 文字サイズ
         

別荘ライフを楽しむには物件のさがしかた新しい生活スタイルを考える別荘で何して過ごそう?よくある質問

別荘オーナーに聞いてみたいこと集

ほら、よく「備えあれば憂い無し」とか「案ずるより産むが易し」とか言うじゃないですか。でもねえ、やっぱり躊躇しちゃうんですよ、私たち…(笑)

Q.別荘はどうしても留守にしている時期が長いので建物内外のさまざまな天災や人災などが心配です…。(東京都・自営業 A.Kさん 43歳)
A.たしかに、利用しない期間のほうが長いだけにご心配ですよね。台風などの自然災害により、いろいろと異常事態が起きても翌日の仕事や移動時間を考えるとなかなかすぐには駆けつけられないものです。そんな緊急時に対応してくれるどんな管理サービスがあるのかを私の別荘地の例でご紹介しましょう。
  • 用地内では、樹木の巡視や境界石(境界線)などの点検。
  • 自然災害や何らかの異常が発生したときの応急処置やオーナーへの通報。
  • 防犯・防災パトロールなど。
上記以外にも別荘地全体の共益管理としては道路や上下水道施設の維持管理などがあります。留守がちで不安なこともあると思いますが、家人がいる都会に住んでいても決して安全とはいいきれません。また、維持費の料金にこだわることなく被害の規模が最小限に押さえられるようなサービスをお受けになることをおすすめします。(回答者:軽井沢在住・Fさん)

 

Q.室内や庭などの掃除を代行で請け負ってくれるサービス会社があると聞きました。利用料金などのこともあり、利用するかどうか迷っています。よきアドバイスを。(神奈川県・会社員 N.Hさん 55歳)
A.代行サービスを利用することは大変便利です。私も地元の企業に室内清掃や定期換気、水道の開閉などのサービスをお願いしています。以前にカビが発生したこともあり、換気の必要性を感じたのです。また、キメ細やかな対応をしてくれるスタッフは地元の主婦の方なので安心感もありますよ。ただ、当然のことながら便利なサービスほど料金も高くなります。ご自分で草むしりをしたほうが、軽い運動になってお身体にはいいかもしれません。でも、別荘地に到着後、清掃や建物のメンテナンスなどで時間を費やし、「気がつけば半日つぶれてしまった。いったい何をしに別荘地に来ているのか」ということもなりかねません。土日の週末だけ利用する方にとって、これでは家と庭の点検や清掃だけのために来たかのように感じ、負担に思うこともあるでしょう。反対に、庭木の手入れや薪割りで軽く汗を流し、建物をご自分で手直しすることが楽しみだという方もいらっしゃいます。滞在期間や別荘ライフでの目的を考慮しながら、サービスの内容なども検討されてみてはいかがでしょうか。別荘ライフでのご自分の快適さとは何かを考えてみてください。(回答者:那須在住・Hさん)

 

Q.家電をはじめ生活必需品で最低限必要なものは何ですか?(東京都・主婦 T.Kさん 34歳)
A.はじめは「これもいるだろう、あれもいるだろう」と別荘での生活に不便がないようについつい買い揃えてしまいがちです。でも、そういうものに限って滞在中はほとんど使用せず、無駄な出費に終わることも少なくありません。また、自宅で使用している家電製品のすべてが別荘地で必要なわけではありません。たとえば、別荘滞在中にどのくらいの時間をテレビを見て過ごすと思いますか?また、洗濯をしなければいけないほど滞在期間が長いですか?別荘に着いてから買いそろえても充分間に合うものもありますし、何もなければないなりに(多少不便かもしれませんが)意外と生活はできるもんです。私も実際に別荘で過ごしながら少しずつ買いそろえました。便利な家電製品がなければ、より一層ウィークデーの生活からかけ離れた暮らしが送れて、別荘ライフを満喫できるのではないでしょうか。ものは考えようだと思いますよ。(回答者:軽井沢在住・Kさん)